骨折

素人が外から見ただけでは骨が折れているかどうかよく分からない時は、負傷してしまった位置の骨をそっと指でプッシュしてみて、もしその部位に激しい痛みを感じたら骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという性質があるためオゾン層を通過する際に一部が吸収されるものの、地表に達したUV-B波は皮膚の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を破損させるなど、皮膚にとって悪い影響を与えています。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、体の中の脂肪が占有する割合であり、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(weight、キロ)×100」というシンプルな計算式で算出することができます。
軽傷の捻挫だろうと自己判断して、湿布をして包帯やテーピングで動かないように固定し、様子を見るよりも、応急処置を終えたら急いで整形外科医に診察してもらうことが、結局は早く完治させる近道となります。
グラスファイバーで作製されるギプスは、大変強靭で軽くて着け心地が良い上に長く使うことができ、水に濡れてしまってもふやけずに使用できるという利点があり、現在用いられているギプスの中では第一選択肢と言われています。
現代の病院のオペ室には、手洗い場や専用の器械室、準備室を備えさせ、手術中に患者をレントゲン撮影できるX線装置を準備するか、そうでなければ近辺にその専門室を付属させるのが一般的である。
なんとなく「ストレス」というのは、「無くすべき」「除外すべき」ものとされていますが、現に、人は色々なストレスを感じているからこそ、活動することができます。
1回歯の表面の骨を浸食するまでに深刻になってしまった歯周病は、多分炎症が治まったとしても、失った骨が元通りになるようなことはまずありません。
高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、臨床データに基づいた研究により、注射の効果が望めるのはワクチンを注射した日の2週後位から150日間ほどだろうということが判明しました。
世間では水虫=足、ことさら足の裏や指の間にできる皮膚病だと思われがちですが、原因菌である白癬菌が感染する場所は決して足だけではなく、人の体ならどこにでも感染する危険性があるので気を付けましょう。
汗疱状湿疹(汗疱)とは手のひらや足裏、又は指と指の間などに小さめの水疱が現れる症状で、一般にはあせもと言われており、足の裏に出てくると足水虫と早とちりされることが結構あります。
歳を重ねることが原因の耳の聞こえ辛さにおいてはなだらかに聴力が低下していくものの、一般的に60歳を超えてからでないと聴力の減退をきちんと認識できません。
耳の中の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分類することができますが、中耳のところにばい菌やウィルスがうつることで炎症が誘発されたり、体液が溜まる病を中耳炎と言います。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科処置としては大体「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「冠動脈大動脈バイパス手術」の2つの治療が一般的に活用されています。
うす暗い場所だと光量不足によってものが見辛くなりますが、更に瞳孔が開いてしまうため、目のレンズのピントを合わせるのに不必要な力が使われてしまい、光の入る所でものを眺めるより疲れやすいです。