繰り返し

くも膜下出血(SAH)は9割近くが「脳動脈瘤」という脳の血管の不必要なコブが破れることにより発症してしまう命にかかわる病気だと認識されています。
普通なら骨折に至らない程度の僅かな力でも、骨の限られた部位だけに繰り返してひっきりなしに力が加わってしまうことで、骨折してしまう事もあり得るようです。
くしゃみに鼻みず、鼻詰まりに目の掻痒感・異物が入っているような感覚などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを誘引する花粉の飛び散っている量に追従して深刻化する性質があるとのことです。
トコトリエノールの機能の中では酸化を遅らせる作用が格段に認識されていますが、それ以外にも肌を美しくする効果や、血清コレステロールの産生を抑えるということが認められています。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や脚が何も感じなくなったり下肢の浮腫みなどがよく見られ、進行してしまうと、最も重症のケースでは呼吸困難に至る心不全も起こす可能性があります。
ダイエットに没頭するあまりカロリー摂取を抑える、食事を抜く、などのライフスタイルが結果として栄養までもを不足させ、酷い冷え性を招くことは、多くの医師が危惧されているのです。
栄養バランスのいい食事を1日3回とることや体を動かすことはもちろんですが、肉体や精神の健康や美容を目的として、特に欲しい栄養を補うために色々なサプリを摂取する行為が普通になったそうです。
下腹部の激しい痛みを起こす病気の一例として、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、女性特有の病気など、色々な病名が挙がります。
男性の生殖器である前立腺はその生育や活動にアンドロゲン(男性ホルモン)がとても密接に関わっていて、前立腺に現れてしまったガンも同様、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンの作用で大きく成長します。
現在の手術室には、御手洗いや専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を備えさせ、手術中にレントゲン撮影するためのX線装置を置くか、近距離にX線装置のための専門室を作るのが慣例となっている。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しく開発された薬の特許が切れた4週間後、市場の8割が後発医薬品(こうはついやくひん)に切り替わるという薬もあるというくらい、ジェネリック(後発医薬品)は世界で浸透しているのです。
吐血と喀血は口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血というものは咽頭から肺を通る気道(呼吸器…respiratory system)から出血する状態で、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)よりも上部の消化管から出血する症状のことを表しているのです。
70代以上の高齢者や慢性病を持っている人などは、一際肺炎に弱く治るのが遅い傾向があるため、予め予防する意識や早め早めの治療が大事です。
加齢が原因の耳の遠さは段々聴力が落ちていきますが、大体は還暦を過ぎないと耳の衰えをしっかりと自覚できないものです。
四六時中ゴロンと横向きになったままでTVを視聴していたり、デスクの上で頬杖をついたり、踵の高い靴などを毎日のように履いたりという習慣的なことは身体の上下左右の均衡を崩してしまう因子になります。