簡単な英語

ラクラク英語マスター法の方式がどういった訳でTOEICなどの英語能力テストに優れているのかというと、そのわけは一般に広まっているTOEIC試験対策のテキストや講習の持たない視点があるということです。

ある語学学校では特徴として「簡単な英語の会話ならさほど困らないけれど、ほんとうの感情まではスムーズに言い表せないことが多い」という中級以上の実力を持つ方の英会話における問題を解決できるようなそんな英語の講座を持っている。

よく意味のわからない英文などがある場合でも、タダで翻訳できるサイトや辞書引きサイトを見てみれば、日本語に訳すことができるので、そのようなサイトを助手としてネットで様々に閲覧してみる事をご提案します。

「英語を話す国に行く」とか「ネイティブの知人を作る」とか「英語で会話している映画や英語の歌詞の音楽やニュースを視聴する」等の多くのやり方があるが、まず最初に単語そのものを大体2000個くらい覚えるべきでしょう。

一定期間にたくさんの英語を聞くという英語学習方式は、聞き取ることだけではなく話す方のシャドウイング、書く方のディクテーション等の勉学にも活用可能なので、種々混ぜ合わせて勉強する事を推奨します。