英語シャワー

最初に直訳することはやめ、アメリカ人のやる表現を盗む、日本語の発想方法で適当な文章をひねり出さない、普通に使うことの多い表現であればそれだけ日本語の言い回しを変換しただけでは流暢な英語にならない。

BGMを聞くような単に英語シャワーに入るのみでは聞き取り能力は上昇しない。リスニング効率を発展させるためには、つまるところただひたすら音読と発音を繰り返すことが肝要だと言えます。

人気のあるシドニーシェルダンの小説は、大変に刺激的なので、残りの部分が読み始めたくなるので、英語の学習といった感じはあまりな

なるべくうまく口にするためのテクニックとしては、ゼロ3つで、1000と考えるようにして、カンマ、ゼロ3つの左の数を着実に発音するようにすることが重要です。

海外旅行自体が英会話トレーニングの方法として最良の機会であり、何であれ会話というものはただ教科書で理解するに及ばず実用的に旅行の際に使うことでようやく自分のモノになります。