悲劇はなくならない

うちの前の道路は、以前は幅員4mを満たしてなく、車が一台通るのがやっとのせいか車は一日に数台しか来ないし当然徐行だから平和でした。

キャッチボールとかできますし、猫がひかれることもないし、夜中に騒音に悩まされることもなかったですね。 でも、わざわざ土地を減らして幅員増やしたら、交通量(主に信号さける車)が激増し、しかも凄い飛ばしてるアホもいます。
インフラの整備と運転する人のモラルが噛み合わないと、悲劇はなくならないと思いますね。
うちもそうです。値段の安さもそうですが暴走車両対策のため、浮気調査 栃木前面道路が狭い路地に住んでます。ただ、たまに救急車をよぶとき、担架になります。
たまにしかありませんが、救急車や消防のことを考えると、セットバックして、4m道路にするのは、止むを得ないのかもしれません。
お帰りになっまのですね。錦織選手についてのつぶやきでわかりました。法の適応範囲については、専門家は敏感ですね。