消えていた

女子高生は顔を真っ赤にして泣きそうにしている。
「このオッサン痴漢や」と思うと頭に血が上った。

京橋に着いた瞬間オッサンの胸倉を捕まえ プラットフォームに引きずり出して顎に一発食らわした。 眼鏡が飛びオッサンは見事に横転、口から派手に血を流している。 駅員と鉄道警察隊が駆けつけたから 「コイツ痴漢や!」と突き出した。
ところが逮捕されたのは僕の方だった。 痴漢被害に遭っていた東高校生が消えていたのだ。 それからは電車の中で痴漢を目撃しても二度と助けないことにしている。
災難でしたね~傷害罪で逮捕されたのでしょうか? まあ、正当防衛・緊急避難等の自救行為以外は、最低限度の実力行使しか認められないので、いきなり顎をぶん殴ったのはまずかったでしょう。 
私ならまず犯人を掴んで、被害女性に「痴漢されましたね?」と確認してから突き出しますかね~犯人が暴れるようでしたら制圧しますが。若いころの話とのこと 団塊の世代の方が教師になりたての頃といえば、JRがまだ国鉄でしたから、鉄道警察隊はありません。