こんな初歩

特に英語科は多い。 彼女たちはペーパーでは優秀でしょうけど、
ペーパーの点数と授業力・生徒指導力、人心掌握力は別物です。

板書も写真に残したいぐらいに綺麗な字で判り易い。 教育大出身者に多かった。 大抵彼女たちは高校・大学と優等生で来たのでしょう。
だから英語の基礎から判らない生徒たちの気持ちが判らない。 「こんな初歩も理解できない生徒が悪い」 と一方的に生徒を決めつけます。
僕が新卒教員(女性)の指導担当をしていた時、 彼女は毎日それこそ克明なレポートと明日の指導案を持ってきます。
非の打ちどころのないレポートと指導案なんですが、キャッシング 審査甘い実際の授業では殆ど役立たないものばかり。 そのうち見るのも厭になって適当に認め印を押していたらあるとき、 「ちゃんと見てください、そしてアドバイスをお願いします」と来た。 僕は彼女がかなり腹をて立てていることを感じました。 だからこう言ってやった。 「見事なレポートと教案ですよ。でもね、あなた生徒のことをちゃんと見てる? いくら教案通りの授業でも、生徒に合わせた授業が本当の授業ですよ」と。